水道に関する資格合格は難関なものの一つです

蛇口より遠い水のトラブル

便利屋が行うことができる水道工事

いわゆる街の便利屋がやっていい水道工事とはどのようなものでしょうか?上水道に関連する工事のうち、特別な資格が不要なのは給水装置未満の水道工事です。給水装置とは、道路の下を通る水道管から分岐して各家庭敷地内に引き込まれた給水管と直結する給水用具を指します。つまり止水栓や水道メーター、給水栓などのことです。
資格が不要な水道工事とは、家の中の蛇口などから見て給水装置に到達するまで(給水装置未満)の部分の工事です。
例えば蛇口付近の内部パッキンの交換、やはりパッキンの劣化で起こるトイレやシャワーヘッドからの水漏れ、1つのレバーでお湯と水を切り替えられるシングルレバーの給水蛇口付近の水漏れなども、資格や水道局からの指定なしで対応できます。

資格が必要な水道工事

水道工事は一歩間違えると生活用水として適さない水が蛇口から出てしまいます。まさに、水道の利用者の体に害を及ぼす可能性がある作業とも言えます。水道工事の中には厚生労働大臣が実施する国家試験に合格することと水道局からの指定が必要なものがあります。
資格が必要な水道工事は給水装置以降の水道工事、例えば給水装置そのものの修理や交換、そのほか給水管を引き込むなどの工事、下水道につながる排水管の工事などです。これらの工事・修繕を行うには各種資格とそれに応じた水道局からの指定が必要になります。
具体的には、給水装置に関する工事を行える給水装置工事主任技術者、配水管に関しては下水道排水設備工事責任技術者、給排水・給湯設備・浄化槽に関する工事については管工事施工管理技士の資格が必要となります。


みんなにシェア

B!